ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

ニュースリリース

【タイムズ24】新函館北斗駅でカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を開始
~北海道新幹線の停車駅への出店は初~

2019年4月18日

 

タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、4月26日(金)より、北海道新幹線の新函館北斗駅においてカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を開始いたします。

 

 「タイムズカープラス」は、2009年にサービスを開始し、"ミヂカ" "オトク" "ベンリ"をコンセプトに日本で唯一、全国47都道府県で展開する国内最大のカーシェアリングサービスです。
 2019年3月末現在、11,745件のステーション、24,491台の車両でサービスを提供しており、117万名の会員の皆様にご利用いただいています。


 開業3周年を迎えた北海道新幹線の新函館北斗駅は、多くの観光客が訪れる道南の玄関口です。五稜郭や湯の川温泉、函館山ロープウェイ、大沼国定公園、トラピスト修道院といった観光地へもクルマで40分程度の場所に位置していることから、新たに複数のホテルの建設も予定されており、さらなる観光客の増加が見込まれます。

 

 「タイムズカープラス」は、24時間いつでも、15分単位からご利用いただけるカーシェアリングサービスです。早朝・深夜の到着でもクルマを利用しての移動が可能なことから、旅のスケジュールや行動範囲が拡げやすくなります。
 今回、新函館北斗駅に配備するのは、スズキ ハスラー、日産 ノート、ホンダ フリードと様々なご利用シーンにあわせて選んでいただけるよう、タイプの異なる3台です。観光のみならず、出張で訪れたビジネスパーソンの移動の足としてもご利用いただけるものと考えております。

 

 タイムズ24は、移動のストレスがない社会を実現するため、「タイムズカープラス」をはじめとするモビリティサービスの拡大に取組んでまいります。


【ステーション情報】

ステーション名 住所 台数 車種
 新函館北斗駅ステーション  北斗市市渡1丁目1-1 3  ハスラー、ノート、フリード

注)導入日やステーション、車種は予告なく変更となる場合がございます。

 

【ステーション地図】   【導入予定車種】
20190418-1  
Z18KA第490号 Copyright(c)2018 ZENRIN
 
 
20190418-2     20190418-3
▲ハスラー     ▲ノート
20190418-4
▲フリード

ページの先頭に戻る