ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

ニュースリリース

【タイムズ24】東名高速道路 豊橋パーキングエリアの駐車場予約システム
社会実験においてトラック専用の予約システムを提供

2019年4月5日

 

タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、中日本高速道路株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:宮池克人、以下「NEXCO中日本」)が2019年4月12日(金)より実施する、物流事業者様向け駐車場予約システム社会実験にシステムを提供いたします。


 4月12日(金)にオープンする東名高速道路の豊橋パーキングエリア(PA)(下り)において、休憩施設における大型車の駐車容量確保の一環として導入される駐車場予約システムは、インターネットによる事前予約により駐車マス(ETC2.0限定、中型・大型・特大)を確実に確保できるようにするものです。高速道路における導入は初であり、豊橋PAの完成に併せてNEXCO中日本が社会実験を開始します。

 

 本社会実験において当社は、独自のASPサービスを活用した、トラック専用の予約システムの提供と運営支援を行います。

 

 当社はストレスのない移動が可能な快適なクルマ社会の実現に向け、様々な形態の駐車場を運営しています。目的地に近い場所で、とめた時間分だけの料金で利用できる無人の時間貸駐車場を日本全国で約17,000件運営している他、自転車・バイク用駐車場や観光エリア周辺においてバス駐車場も展開しております。

 

 特に、観光客の増加に伴い大型観光バスの駐停車場所の整備が課題となる中、当社はバス専用駐車場を運営するだけでなく、予約システムも提供することにより、安心して駐車場をご利用いただけるようにしています。
 この度の社会実験においては、これまでに蓄積した駐車場予約サービスのノウハウを活かしたトラック専用の予約システムを提供することにより、課題解消に貢献してまいります。

 

 タイムズ24は、ドライバーのニーズやご要望に対応した駐車場サービスの提供を通じて、移動のストレスがない「快適なクルマ社会」の実現を目指してまいります。

 

■社会実験の概要

1. 実施期間  
  駐車料金無料による実験:2019年4月12日(金)~
  駐車料金有料による実験:お客さまのニーズ把握のため、当面無料にて実験を開始します。
            有料による実験開始時期は、準備が整った時点で改めてお知らせします。

     
2. 予約システムご利用の流れ  
   20190405-1  
     
3. 対象駐車マス数  
 

特大: 6台

大型:15台

 
     
4. モニター募集内容  
 
 内  容

 ①ご利用いただく全ての事業者をモニターとさせていただきます。

 ②予約システムの利用

  社会実験期間中に事前予約の上、駐車場をご利用ください。

 ③アンケート協力

  駐車場をご利用後、所定のアンケート等にご協力いただきます。

  また、モニター会議への参加をお願いすることがあります。

 募集要項

 ①本実験の主旨を理解し、ご賛同いただける物流事業者様
 ②ETC2.0搭載の車両でご利用いただけること
 ③クレジットカード決済が可能な物流事業者様(有料実験期間中)

 
 
 
5. モニター応募方法  
  下記WEBサイトにおいて、モニター募集およびご予約を承ります。
https://times-info.net/reserve/truck/service/AA/
 

ページの先頭に戻る