ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

ニュースリリース

【タイムズ24】「エコドライブ選手権2018」の結果発表!1位は7,156km走破!
参加者のエコドライブ総距離は、地球60周分!

 タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、環境省の特別協力を受け、8月1日(水)~8月31日(金)に実施した、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」利用時のエコドライブ走行距離を競う「エコドライブ選手権2018」の結果を発表します。

 

 当キャンペーンは、低炭素型サービスであるカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を活用して、環境省が推進する地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」※1の認知向上、および温暖化対策に資するアクションへの参加の呼びかけを目的に実施しました。


 2016年に開催した前回に比べ、開催期間は1カ月短かったもののエントリー数は3,894名増え15,882名となり、多くの方に参加いただきました。

 

 参加者のエコドライブ率※2は、参加していない方に比べて13.7ポイント高く、また、実施月の前月と比べても5.6ポイント高くなるなど、エコドライブに対する意識が向上したことがわかる結果となりました。

 

 参加者の内、最もエコドライブ走行距離※3が長かった1位は、前回の1位よりも821km長い7,156kmでした。以降2位は6,077km、3位は4,353kmでした。また、1,001名の方が500kmを超えるなど、多くの方が長距離のエコドライブ走行を実践されました。

 

 期間中のエコドライブ走行が50kmを超えた9,140名全員に特典をご用意しているほか、上位入賞者にはタイムズカープラスの電子優待券「プラスeチケット」が付与されます。さらに1位の方には環境大臣賞として環境省より記念の表彰状を授与します。

 

 エコドライブ走行は、CO2の排出量が削減されるとともに、その運転方法により安全性が向上し交通事故低減にもつながります。当キャンペーンに多数の方にご参加いただいたことにより、環境負荷低減及び交通安全に寄与できたものと考えております。

 

 また、カーシェアリングは、必要な時に必要な時間だけクルマを利用できるサービスであることから、会員の方はカーシェアリングを利用することにより、時間もコストも効率的な移動を実現されています。

 

 タイムズ24は今後も、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を通じて環境に配慮した効率的な移動手段を提供することにより、「快適なクルマ社会の実現」に向け取組んでまいります。

 

※1  2030年度に温室効果ガスの排出量を2013年度比で26%削減するという目標達成のため、省エネ・低炭素型の製品
   への買換サービスの利用・ライフスタイルの選択など、地球温暖化対策に資する「賢い選択」をしていこうという取
   組のこと。
※2  期間中の総走行距離に対するエコドライブ総走行距離の割合で算出
※3  急加速(3秒間で+25km/h以上の速度変化があった場合)と急減速(3秒間で-35km/h以下の速度変化があった
   場合)が1利用中それぞれ1回以下の走行距離


【エコドライブ選手権の結果】
20180920-1

詳細:https://plus.timescar.jp/campaign/eco_drive201808/

ページの先頭に戻る