ページ内リンク

コンテンツ部分を印刷する

ニュースリリース

【タイムズ24・西日本旅客鉄道・JR西日本レンタカー&リース】
JR西日本・タイムズ24「レール&カーシェア拡大」キャンペーン実施!
「レール&カーシェア」の対象ステーションが100カ所突破!

 西日本旅客鉄道株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:来島達夫、以下「JR西日本」)とタイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西川光一、以下「タイムズ24」)は、現在、京阪神を中心に72駅102ステーションで展開している「レール&カーシェア」を利用されたお客様を対象に、旅行券やオリジナルグッズ等が当たる「レール&カーシェア拡大」キャンペーンを4月27日(金)より開始いたします。

 

 「レール&カーシェア(以下、当サービス)」は、JR西日本およびタイムズ24にJR西日本レンタカー&リース株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長:千秋徹弘)を含めた3社協業で推進するカーシェアリングサービスで、「出発地から最寄り駅まで電車、電車を降りてからは『カーシェア』」という二次交通の充実を目的として、2013年4月1日より、新大阪駅、新神戸駅など京阪神の主要10駅に10ステーションの規模でサービスを開始しました。

 

 サービス開始以降、対象となる駅およびカーシェアリングステーションの拡大に継続して取り組んでいるほか、ICOCAでカーシェアリング車両のドアの解施錠を可能にしたり、免許証とクレジットカードがあればその場で「タイムズカープラス」への入会手続きが完了する無人入会機の設置を進めたりするなど、ご利用者様の利便性向上に向けて環境を整備してまいりました。

 

 両社は、これら取り組みにより、72駅102ステーションに拡大した当サービスの、さらなる利用促進と認知向上のため、ご利用に応じて旅行券やオリジナルグッズ等があたる「レール&カーシェア拡大」キャンペーンを4月27日(金)より実施いたします。

 

 「レール&カーシェア」の取り組みを通じ、JR西日本グループでは「二次交通の充実による鉄道利用客の利便性向上」を、タイムズ24ではストレスのない「快適なクルマ社会の実現」を目指し、新たな都市交通として、カーシェアリングの定着を図ります。

 

<「レール&カーシェア拡大」キャンペーン概要>

期間   2018年4月27日(金)~6月30日(土)
対象のお客様と
特典内容
  無人入会機(京都駅・高槻駅・大阪駅・三ノ宮駅の4駅)から
  入会された方に60分eチケット※を付与
  ※タイムズカープラスの利用料金に充当することができる電子優待券

  「レール&カーシェア」対象ステーションを利用し、且つ
  タイムズカープラスの利用料金が1,000円以上の方から抽選で
  日本旅行券やJR西日本オリジナルグッズ等をプレゼント

  【日本旅行券】
    1等2万円 3名
    2等1万円 3名
    3等5千円 6名

  【京都鉄道博物館入場券(ペア)】
    10名

  【オリジナルグッズ】
    ・オリジナルてぬぐいハンカチ(2種) 5名 
    ・夢の超特急マジックインキ 5名

 

 

ページの先頭に戻る